top of page
  • 執筆者の写真Bucho

X(旧Twitter)|福岡の不動産会社の営業日報的ブログ



こんにちは、buchoです。


皆様、ご無沙汰しております。なんだかんだで8/27以来の投稿です。個人的に嫌いな表現ではありますが、少しだけ時間に追われてしまい、ブログの投稿スパンがあいてしまいました…。いつもご愛読くださっている方のなかには、寂しい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか笑


今日は、特定のなにかについて書く!という感じではないのですが…


まずはじめに、すでに1週間経過してしまいましたが、去る8月もたくさんのご縁に恵まれた月となりました。各方面よりお引き合いを頂戴しましたこと、この場を借りて御礼申しあげます。まことにありがとうございました。引き続き、ご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。


次に、ここ最近の私の近況のご報告を少々…。


大手売買仲介会社を退職し当社創業に備えるにあたり、「大手」という看板がなくなることを懸念した私は、それまで「見る専」だったInstagramの運用を始めました。それから約2年が過ぎ、今では投稿数が約260、フォロワーさんの数も約1,900となり、不動産に関するご相談もちらほらといただいてたんですが、今はどちらかというと、X(旧Twitter)にシフトしています。


InstagramとX。それぞれに特徴がありますので、ほんとはどちらも同じように運用できればいいのですが、そこまで器用じゃないし、時間は有限…。なので「どちらも!」という訳にはなかなかいかずこのような状態となりました…。


個人差があると思いますが、私にとってのXのよさは、「思ったことを、思ったタイミングで、思いのままに呟けること」です。写真の掲載も必要ないし、ハッシュタグを考える必要もないので、ほんと気楽に呟いています。


私の場合は、自らをさらけ出して実名ツイートしていますが、匿名の方が多くいることも私にとってはメリットの一つです。というのも、なんというか…、大袈裟かもしてないけど、よくも悪くも「人間の本質がみえる」ツイートもあるので、Instagramより人間味を感じることがしばしば。


前記は、少し抽象的でしたが、ここまでやってみて、率直に、具体的にメリットとして感じるのは、①情報入手速度の向上、②多種多様な人の考え方に触れることができる、③考え方を端的に発信できる、という点でしょうか。


①は、わざわざネット検索をしなくても、私の興味のあることを上位表示してくれるので、仕事においてもプライベートにおいても、Xを本格使用する前と後で、情報の入手速度は格段に向上しました。もちろん、速度>精度になってはいけないので、場合によっては、その情報の裏を取るようにしてはいますが、今のところはメリットとして捉えています。


②は、主に仕事についてですが、不動産売買仲介業を営んでいる経営者の方々、もしくは、同じ業界で頑張っている営業さん等がなにを、どう考えているのか。これに触れることができます。ほんと、人によって様々なので、見ているだけでも楽しいですよ。


これも匿名であるが故のいい意味での副産物じゃないかな。なんとなく、すべてが実名だと、忖度したり、キズをなめ合ったり、みたいなことが多い気もするのですが、けっこう異を唱えるツイートも散見されて、なかにはディベート化しているツイートもあります。これがとてもおもしろい!


③は、特に私みたいに長ったらしい文章を書く人にはおすすめ。もちろん、長文ツイートもできますが、個人的には140文字に拘りたい…。この文字数の制限があることで長くならないので、私にとってはとてもありがたい笑


また、私の場合は大抵、私個人の考え方をツイートしています。やろうと思えば、誰でも閲覧することが可能な場に、個人的な考え方を投じることができる。これは、大変貴重な場ではないかと私は考えます。もちろん、このブログもそうなんですが、当社(私)を知らない人のところには、なかなかリーチしませんからね…。


というような理由から、Xを使うことが増えました。興味があれば、ブログ下部の「この記事を書いた人」内の下のQRコードを読み取り、覗いてみてください。お手すきであれば、コメントなんかもしてみてください。もっと言えば、フォローしてみてください笑



そんなこんなで、ブログ投稿のスパンは少しあいてしまいましたが、あーだこーだ考えながら、今日も元気にやっています笑


せっかくなので、ツイートっぽく、ここ最近で変化した私の個人的な考え方を一つ。


「創業当初は全方面に全力を注いでいて、「いいと思うことはすべてやる(やりたい)!」と思っていたが、今は「やれることをやる」という思いに変わった。どう頑張っても、シェア率100%なんて無理なんだから、今、目の前にいる人に対して最高のパフォーマンスを披露することに力を注ぐ、手間をかける、時間を使うという考え方にシフトチェンジ。当社で実務を行うスタッフは私を含めて5名。やれることにも、時間にも限りがあるので、全方向に全力を注いでいては、本来注ぐべき方向に、最高のパフォーマンスを提供することができなくなってきた。もちろん、不動産売却という観点であれば【一括査定サイト】にも登録をしているが、これはあくまで、不動産を売ろうとしている方、もっと言えば、当社の良さをご理解いただける方との【接点】発掘の一要素。無論、すべての打席には立てないし、すべての打席に立てるとも思っていない。大切なのは、打席に立ったときに、依頼主から投じられるボールをすべて、確実に芯を捉えて打ち返すことができるかどうか、である。これについては、手前味噌ながら、当社には他社に負けない取引実績がある。そうして培った経験とノウハウがあれば、依頼主が放るボールの球種やコースはほぼ予測できる。スピードボールにも振り遅れることなく対応できる。その打席をもって、当社の良さをご理解くださった方に対して、最高のパフォーマンスを提供したい」


これが、私の考え方です。


大幅に140文字をオーバー。相も変わらず、言いたいことをまとめきれない自分のスペックの低さにあきれてしまいますが、要は「今、目の前にいる方を幸せにする」ことに全精力を傾けるということです。


そんな当社に「賭けてみたい!」という方は、当社のスタッフを打席に立たせてみてください。きっと大谷翔平以上の仕事をするはずです。


ではまた。



追伸 このブログを書いている間にも、まさに、不動産売却検討中のお客様と当社営業スタッフが電話でお話ししていました。ある程度、お話しした後、ありがたいことに、打席に立つ機会(訪問査定)をいただけました。烏滸がましくも、私どもは、このような方を幸せにしたいと思っています。

Commenti


bottom of page