• Takayuki Tsuda

blog とYouTube 始めます。

 


 3月決算の弊社は、本日をもって第1期目が終了します。2021年9月16日に法人登記申請し、同年12月7日に宅建業の免許証が交付され、2022年1月6日より不動産売買仲介事業を本格始動いたしました。本日、1期目が終了しますが、実質の営業活動期間は3ヵ月弱。事業開始前に想定していた実績を上回る数字を残すことができ、各スタッフには期末賞与(寸志程度)も支給することができました。これもひとえに、創業間もない弊社に売却、購入の仲介を依頼くださったお客さまのおかげです。この場を借りて、改めて、御礼申し上げます。


 期末に際し、これまでやってきたことを振り返ると、一言でいえば「試行錯誤」の毎日でした。たとえば、お預かりした物件をポータルサイトに掲載するにしても、売買仲介大手出身の私たちはこれまで、各ポータルサイトの営業担当者と直接打合せをすることがなかったため、その登録方法すら知らず、文字通り、一から学びました。


 売買契約書や重要事項説明書の作成についても、大手時代は、契約書類を作成するスタッフがおり、基本的には丸投げの状態でしたが、弊社では当然にそんな専属スタッフもおらず、営業担当者が作成しなければなりません。売り買いのお話がまとまった場合は、物件の調査から契約書類の作成まで、少なく見積もっても半日はかかります。例を挙げたのは2点ですが、他にも初見の事項が多く、試行錯誤(現在進行形)の末に、期末を迎えます。これまで、自分たちが置かれていた環境が、いかに恵まれていたかを痛感するとともに、大手の売買仲介のシステム、ノウハウの大きさをまざまざと感じました。


 とは言え、逆に良かった点もたくさんあります。大手時代よりも小回りが利くようになり、お客さまに対してのご提案の幅が広がったこと。一組のお客さまに対し、時間をかけられるようになったこと(意味深)。月末の苦しさから逃れられたこと(大手ならでは?)。良かった点は他にもありますが、もっとも大きいのは、創業当初、私たちが掲げた、【お客さまにとって、本当の意味での「より良い売買仲介」を提案すること】が実践できていることに尽きます。


 大手時代は時間に追われ(今もですが)、数字に追われ、お客さまに対する対応がおざなりになるケースがありました。正直、これが一番のジレンマでした。メイヴスではそんなジレンマを感じることがないよう、2期目以降も業務に邁進してまいります。


 前振りが長くなりましたが、2期目を迎えるにあたり、新たに、blogとYouTubeを始めます。オブラートに包んだ物言いではなく、売買仲介における弊社の考え方を発信できる場を設けたいというのが、それらを開始する理由です。blogについては、基本的に毎日更新(基本的に部長である津田が更新、たまに事務さんのほんわかblogあり)。YouTubeについては、弊社のみならず、福岡で不動産業を営む方々をゲストにお招きし、不動産売買について語り合うという企画を準備しています。ご興味があれば、ご覧くださいませ。コメントやご意見もぜひお願いいたします。


 というわけで、ダラダラとなる前に、本日はこのあたりで締めたいと思います。今後とも株式会社メイヴスを宜しくお願い申しあげます。