top of page
  • 執筆者の写真Bucho

仕事納め



こんにちは、buchoです。


タイトルのとおり、弊社は本日が2022年の仕事納めとなります。数多くのお引き合いを賜りましたこと、この場をお借りしまして厚く御礼申しあげます。また来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。


昨年末に宅建業の免許を取得し、本年1月より本格始動しました弊社。全員が不動産売買仲介大手出身で、そのときは事務処理的なことはすべてしてくれていたため、創業当初はポータルサイトに物件を登録することすらわからなかった状態から、よくここまで成長できたものです笑


一年間、様々なことがありましたが、私自身の自己採点をすれば、30点くらいかな…。始動前に掲げた理想を現実のものにするためには、まだまだ道のりは長い。なんなら、ようやくスタート地点に立てたと言った方がいいくらいの状態です。


とは言え、すべてがネガティブだった訳ではない。不動産売買仲介という【業務】自体は大手時代と同じことをやっているのですが、それを行う感覚みたいなものは、こえまでとまったく異質なものとなりました。このblogをご覧いただいている売主様、買主様におかれましては「そりゃ当然でしょ」とお思いになられるかもしれませんが、私たちがやっているのはフィービジネス(手数料商売)。お客様に対してより良いサービスを提供することで、その対価としていただけるのが仲介手数料です。


大手というのは、大きな看板があるので、言葉は悪いですが、しょうもない営業でも、いくらかの実績は残せます。でも、手数料商売だなんて、その本質を捉えて動いている営業は数えるほどしかいないと思います(私自身が在籍していたからわかります)。前職の同僚と食事をする機会が今もありますが、感覚の違いを感じることが多々あります。私を含め、弊社スタッフはそれに気づけただけでも成長しています。


お客様にとっては、営業のキャリアの長短なんてなんら関係なく、プロとして、ミスのない仕事を提供することが当たり前。それが手数料をいただくということ。お客様のことがお金にしか見えていない、ミスが多い、自発的な提案が何もない、会社の看板ばかりアピールして個人のアピールはなにもない…、この業界の大手に在籍している営業の大半はこんな感じです(私の個人的な感想です。大手にいらっしゃる方で「そんなことはない!」とお思いの方はお気を悪くせず…。全員とは言ってませんので…笑 でもそう思う営業(同僚)もいるでしょ?)。


こんな世界が嫌で、作った会社。そんな営業の数を減らすためには、弊社がより多くのお客様から選ばれる存在にならないといけません。理想を口にするのは簡単で誰にでもできること。ただ、それを実現するには、読んで字の如く、血の滲む努力と【覚悟】が必要。大それた話になっていましましたが、本気でそう思っています。


おかげさまで、今年は、いい形で終わることができました。これもひとえに、創業間もない弊社をご用命くださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございます。来るべき2023年は、今年以上に覚悟をもって、業務に励みたいと思いますので、引き続き、宜しくお願いいたします。


また、先日より当blogでお知らせしておりました弊社運営の新築一戸建て専門サイト「ふくおか建売市場」のスマホサイトのリニューアルが本日完了し、リリースいたしました。これまでよりも見やすく、内容も充実しておりますので、より多くのお客様にご利用をいただけますと幸いです。


▼ スマホサイトが新しくなりました。



最後になりましたが、今年一年、まことにありがとうございました。年明けは1/5(木)から営業開始となりますので、引き続き、宜しくお願いいたします。


良いお年をお迎えくださいませ。



bottom of page