top of page
  • 執筆者の写真Bucho

秋って短くなったと思いませんか?



こんにちは、buchoです。


火曜、水曜が定休日の弊社の一週間の始まりは木曜。今週もフルパワーで営業活動を行ってまいりますので、宜しくお願いいたします!それにしても寒くなりましたねー。いよいよ、本格的な冬の足音が聞こえてきました。日中もさることながら、特に朝晩は冷え込みますので、体調面、くれぐれもお気を付けください。


さて、話は変わって、料理が趣味の私が食材を購入するのは三越の地下食料品売り場がメイン。野菜は種類豊富で格安。肉と魚は各々肉屋さん、魚屋さん直営のため鮮度も◎。定休日である火曜、水曜のいずれかはこちらに訪れ、一週間分の食材を買い溜めしています。


例に違わず、定休日だった昨日も三越に行ってきました。そこで見つけた秋の味覚の王様「松茸」。昔は高値ながらも店頭に並んでいた国産の松茸。高値でなかなか売れないからでしょうか。最近は見なくなりましたね。三越にすら置いてないくらいですから、スーパーとかじゃ目にすることはないだろうなー。


店頭に並んでいるのは、大抵中国産。でも、昨日、販売されていたのはトルコ産でした。松茸事情に明るくないので、昔からあったのかもしれませんが、少なくとも私は、昨日が初見。物珍しさから購入してしまいました。


いわゆる松茸のイメージとは違い、椎茸に近い風貌。すでに縦半分にカットされている状態で売られていましたが、2,3本分で1,980円。松茸の相対的な価格帯からしたら、安価ですよね。見た目はともかく、香りはしっかり松茸。なんとなくうれしくなります。


帰宅してからネットで調べてみると、けっこう前からトルコ産の松茸は出回っているようです。国産との比較をしているblogをみると、意識して比較すると、国産のものより香りは多少劣るが、何も知らされずに松茸ごはんやお吸い物として提供されたら分別がつかないと書いている方が多数…。ということで、私も松茸ごはんとお吸い物を作ってみました。


▲ 映えさせたくて試行錯誤しましたが、これが限界…。国産の松茸のように形がよかったら、もう少し映え感がちがうはず…。お吸い物ももっときれいに盛り付けられるはずだったのに…。でも、味は完全に松茸でしたよ。



暑い季節から一気に寒くなる昨今の気象。昔より「秋」は短く感じます。結局今年は、コスモスも見ていないし、紅葉も見れていない。そんな晩秋に、産地はどうあれ、今年初めて「秋」を感じた昨晩の食卓でした。


そんなこんなでトルコ産の松茸。おすすめですよ。ではまた。



bottom of page