top of page
  • 執筆者の写真Bucho

売却編:弊社の強み ~ワンストップサービス~



こんにちは、bucho です。


今月も早いものでもう26日。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。一時に比べると、朝夕が涼しくなり、過ごしやすくなってきましたが、日中はまだまだ暑い日が続いておりますので、くれぐれもご自愛くださいませ。


本日のblogテーマは【弊社の強み】。ここ最近、不動産売却に関するご相談を多数頂戴しておりますので、今一度、私どもの強みを当blogにまとめたいと思います。



● 買取相談可能


前提として、弊社の基本線は【仲介】です。仲介とは、簡単に説明しますと、売却の意向を受けた物件をネット掲載等で買い手を募り、成約するというものです。ネックとなるのは、①いつ売れるかわからない、②ネット掲載等を行うので、近所の人に知られてしまう、という点です。


早く換金したい人にとって、上記ネック①は、嫌ですよね。近所に知られたくない人にとっては②は嫌ですよね。そのようなご意向をお持ちの人に対して、弊社ないし弊社グループ会社による【買取】を提案しています。


ただ、一般的に、買取は、一般的な仲介よりも安くなる可能性が高いといえます。よって、弊社では、当初提案はより高く売れるだろう一般的な仲介での売却に主眼を置いています。売主様とやり取りを進めていく中で、様々、売却についてのご意向、ご状況をヒアリングしたうえで、買取が適していると思った場合に、買取の提案をさせていただいております。


前振りが長くなりましたが、【買取】は近所に知られず、早期に売却することが可能です。物件の明け渡し時期等、融通もある程度利かせられますので、お気軽にご相談ください。



● リフォーム、リノベーション相談可能


「今の自宅をリフォームしようか、それならいっそのこと買い替えようか検討している」という相談もたくさんいただきます。弊社では、グループ会社にリフォーム、リノベーションを行っている会社がありますので、売却+新居購入、改装+継続してお住まいの同時検討が可能です。お気軽にご相談ください。



● 相続した不動産の売却


大相続時代の昨今。相続した余剰資産の売却依頼は非常に多いです。売却するためには、被相続人から相続人に対して、所有権の移転が必要になります(相続登記)。これは、一般的には司法書士に依頼します(もちろんご自身で行うことも可能です)。


また、相続した不動産を売却するのに、測量が必要、増築部分の登記が必要となるケースもあります。そのような場合は、土地家屋調査士に依頼することとなります。


弊社では、司法書士と土地家屋調査士がグループ内におりますので、登記等の諸手続き+不動産売却をワンストップで行うことが可能です。相続された不動産の売却を検討中でしたら、お気軽にご相談ください。



このように、弊社は、不動産取引にかかわるすべてのことをワンストップで対応することが可能です。ストレスのない取引をお求めでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。ご期待にお応えする準備はできております。


依頼する人(営業)によって、結果が変わるのが不動産仲介。間違いのない選択をしたいものですね。


ではまた。



コメント


bottom of page