top of page
  • 執筆者の写真Bucho

同級生の滝沢くん|福岡の不動産会社の営業日報的ブログ



こんにちは、buchoです。


今日は梅雨らしく雨模様。水曜日頃まで不安定な天候が続くようですが、そのあたりで梅雨が明ける見込みのようです。肌にまとわりつくジメジメ感がなんとも不快ですが、もう少しの辛抱…。とは言え、その後は夏本番。熱中症等には気を付けましょう。


話は変わって、種々ごたごた続きのジャニーズ事務所。タレント業から身を引き、育成・マネジメント側に回ったタッキーが同事務所を退所、独立した際も驚きましたが、そのタッキーが代表を務める会社と元V6や元キンプリのメンバーが合流という報道が今、世間を賑わせているようです。


私は芸能人でもないし、芸能の世界で働いたこともないので、実際のところはわかりませんが、何となく「大手事務所からの独立は干される」という感覚をもっています。その感覚は、ワイドショーとか週刊誌、ネットニュースからの情報によって作られているもの。


たしかに、テレビ番組のキャスティングで、大手事務所にそっぽ向かれたら番組が立ち行かなくなる恐れがあるので、プロデューサーやディレクターが大手事務所に忖度して、独立したタレントを使わないということは、あるように思えます。


そんな「しがらみ」が存在する(存在するように感じる)芸能界で、ましてや、複数の知名度の高いタレントが退所、合流というのは、けっこうな衝撃ですよね。


たしかに、YouTubeやTikTok等で誰でも動画を配信できる今、テレビというメディアに以前ほどの力はないし、今後もおそらく縮小傾向が強まるだろうけど、腐っても鯛。現時点においてはまだその影響力は強い気がします。それでも、合流するタレントの人気と知名度、力があれば、万一、テレビに出られなくなったとしても、やっていけるという自信があるんでしょうね。


現在、合流を発表しているのは3名のようですが、今後さらに増える見通しのようです。ここまでくると、もはやクーデター。知名度、人気の高いタレントが「大量」にとなると、忖度もへったくれもない。


盤面に1枚しかなく劣勢だった黒。その黒が徐々にではあるけど確実に、白をひっくり返し続けてる。オセロで言えばそんな状況(なぜオセロで表現…)。白(ジャニーズ事務所)からしたら、脅威でしかないですよね。


で、私なりに思うのは、当初1枚だった「黒」。この1枚がどうして生み出されてしまったのか、ということ。さらに言えば、白だったはずの石が「黒」と化すことをなぜ止められなかったのか、ということ(簡単ではないけど…)。


そして、もう一つ。


当初1枚だけ存在した黒だって裏(元)は白。白から黒に変わる前は、白の行く末を案じていたんだろうなー。白をより良くできないか真剣に考えていたんだろうなー。白の面々がより輝ける策を真剣に考えていたんだろうなー。


仮に、こうだったとしたら、もったいないの一言。


同じ方向を向いていたのにね。


同い年のタッキーがこれからどんな手腕を発揮するのか、注目したいと思います。


ではまた。



bottom of page