top of page
  • 執筆者の写真Bucho

今更ながら自己紹介【完結編】



こんにちは、buchoです。


前編と後編で完結する予定でしたが、思いの外長くなってしまいました…ということで、私の自己紹介【完結編】をお届けします。前編、後編が気になる方は、昨日、一昨日の記事を参照くださいませ(ただ私の経歴を書いているだけのblogですが…笑)。



▶ 昨日の続き


そんなこんなで、不動産売買仲介大手のS友さんに入社した私は、紆余曲折ありながらも、約10年ほど在籍しました。この時代の経緯については、特に深掘りすることはないんですが、ここに来てようやく真っ当に営業というものを経験したような気がします。


数字に追われる毎日。業務に追われる毎日(当たり前か 笑)。でもほんとに、いい経験をさせてもらいました。同年代の社員も多く、公私ともに仲良くする人も多かったので、人間関係という意味での環境面もよかったと思います。


そんなS友さんを退職し、今に至ります。


振り返ってみると、つくづく人に恵まれたなーと思います。新卒時代は労働時間が長く、きつかったけど、同部署の3つ上と6つ上の先輩、後に他部署から転籍してくる10歳くらい上の先輩などにかわいがってもらい、23時頃に仕事が終わった後も飲みに連れて行ってくれたり、ゴルフを教えてくれたりと、本当にお世話になりました。


ガス会社のときも、目をかけてくれる4つ上の先輩がおり、週のうち半分くらいは一緒にいました。飲みに行ったり、ゴルフに行ったり、なんなら実家にもお邪魔しました。営業とは…みたいなことを語るような人ではなかったけれど、月並みな表現ですが、その人の背中をみて、こんな人になりたいなーと思って、仕事をしていたような気がします。


S友さんのときは、本社に紹介状を送ってくれた所長さんのもとで、約4年ほど働かせていただきました。中途入社=即戦力!転職組に丁寧な指導なんて施されることのない時代において、一から業務を叩き込んでくれたことにはほんとに感謝しています。


このような上司や先輩のみならず、同期や後輩、営業ではない事務スタッフの面々も皆、いい人ばかりでした。職場の人間関係で悩まれている方も多いなか、私はほんと人に恵まれてきた社会人生活でした。私も41歳。私が接してきたような上司、先輩になれるよう、日々精進していきたいなーと思いながら、日々過ごしています。


blogを3日分も使って、大して身のない自己紹介となりましたが、そんな私の座右の銘は「人のいいところだけをマネできたら最強」、「すべてが本音」、このふたつです。読んで字の如くの内容なので、こちらも深掘りしませんが、人生をより良いものにするためには、必要なことかなーと個人的には思っています。


ということで、長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。引き続き、私および株式会社メイヴスを宜しくお願いいたします。


ではまた。



댓글


bottom of page