top of page
  • 執筆者の写真Bucho

スタッフ紹介② 今村 勇介|福岡の不動産会社の営業日報的ブログ



こんにちは、buchoです。


2月最後の週末を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。もちろん弊社は土日も元気に営業中です。所有不動産にまつわるお悩み事等ございましたら、お気軽にご相談くださいませ。


さて、本日は弊社スタッフ紹介第二弾。主任の今村 勇介です。


福岡市南区出身の31歳。大濠高校から西南学院大学に進み、卒業後に某大手不動産売買仲介会社に新卒入社。当時、私が在籍していた西鉄二日市駅前の店舗に配属されてからの付き合いなので、もうかれこれ10年ほどになりますね。


第一印象は、「えらい男前な新卒が入ってきたなー」というものでした。個人的なイメージですが、顔のいい人間はまわりにちやほやされるので自分からは何もしない、あまり人に興味を持たないような印象(ひがみ?笑)があるので、そんな感じの人間かと思いきや、本質はいじられてなんぼの気の良いヤツでした笑


彼と【仕事で】会った方は意外に感じるかもしれませんが、彼の特技はなんと一発芸。入社当時にストックしていたネタは48個(AKBに触発されたの?)。「じゃあ今日は19番」とリクエストすると、19番のネタを披露してくれます。ただ、残念なのは、新卒時に48個だったネタの数が現在も変わっていないこと。社会人になって、仕事に忙殺されて新作のネタを作る暇がなくなったんでしょうね笑


個人的に一番好きなネタは「イケメン過ぎる踏切」。顔の良さを全面に出したネタですね。そもそも踏切にイケメンとかいう概念なんてないはずなんですが、このネタを目の当たりにすると、大抵の人は声の大きさに圧倒されます。でも、こんなふうに私が文字で伝えても、このネタの良さは分からないと思いますので、興味があれば、彼に「19番、お願いします!」とリクエストしてみてください笑 それと、リクエスト時のアドバイスを一つ。少しだけアルコールを与えてあげてください。そうすれば、100%の19番がご覧いただけるはずです笑


冗談はさておき、私が考える彼の特長を少々。※特【長】としているのは、私個人は以下に記載することをいいことだと認識しています。


まず、合理主義者です。無駄なことを嫌います。こう言うとドライに感じてしまうかもしれませんが、取っつきにくいキャラではないのでご安心を。


次に、人見知りです。人の懐に飛び込むのに少々時間がかかります。私も人見知りですが、彼のそれとは少し違う。私のは「ザ・人見知り」で典型的なものですが、彼のそれは心のドアがなかなか重いというもの。この重たいドアを開くためには、強烈なイジリが必要です。だからイジってあげてください笑


次に、ストイック。彼は、これと決めたら継続する能力が非常に高いストイックな性格です。ジム通いやゴルフ、糖質制限的なダイエットも、ハマるとそればかりやります。個人的にはこの仕事にハマってほしいなーと思う反面、そのストイックさはうらやましい限りです。


そんな感じの今村主任ですが、私とはちょうど10歳、年が違います。そんな10コ上の先輩からのアドバイスを一つだけ。


自信を持つこと。


広くてファジーな表現ですが、これを彼が手に入れたら、様々な面において、彼の右に出るものは少ないと思っています。また、自信を手にしたとしても慢心するようなキャラではないし、万一、慢心してる感を醸し出してきたら、ちゃんと上から叩いてあげるから安心して自信を手に入れる努力をしてください笑


ということで、今日は弊社主任の今村勇介をご紹介させていただきました。とてもいいヤツなので、かわいがってやってください。


ではまた。



Comentarios


bottom of page