top of page
  • 執筆者の写真Bucho

ひつまぶし|福岡の不動産会社の営業日報的ブログ



こんにちは、buchoです。


昨晩のWBCイタリア戦。序盤はチャンスで得点ができなかったものの、終わってみれば快勝。不振の村神様にも待望のタイムリーヒットが出たし、いい形でマイアミに乗り込めるのではないでしょうか。次はメキシコvsプエルトリコの勝者との準決勝。どうせならプエルトリコと対戦して、第3回大会、同じく準決勝の舞台で敗れたリベンジを果たしてほしいと思います。


話は変わって、昨日3/16(木)、福岡市内の公立小学校は卒業式を迎えたようです。きれいな桜の蕾が開き始めるこの時季は、同時に出会いと別れの季節でもあります。各々、進学先等の道は違えど、新たなステージでも頑張ってほしいですね。


このような新たな門出に、新しいことにチャンレジする方もたくさんいらっしゃると思いますが、私も同様、新年度を迎えるにあたり、いろいろ考えています。


元来、趣味と言えるものがなかった私。でもここ最近は、料理と小旅行をよくするようになりました。料理は元々好き、旅行はそれほどでもなかったんですが、これらに対する熱量が上がった理由は、間違いなく、1年半前に始めたインスタ投稿です。


インスタに投稿する→写真が必要→作った料理の撮影&旅先で食べたもの、見た景色を撮影して投稿しよう、こんな流れですね。以前、当ブログにも書きましたが、インスタを始める前は写真なんてほとんど撮らず、スマホの容量無駄男くんだった私。それが、今スマホをみると10,000枚を超える写真データがある(整理しろという話…)。1年半前はこの10分の1もなかったのに…今では何かにつけて写真を撮影するということが習慣化しました。


また、どうせ投稿するなら、見栄えをよくしたいと思い、きれいに写真を撮影する方法を調べたり、きれいな写真を投稿している人を参考にしたりするようになりました。見栄えをよくするといっても、基本的にスマホで撮影するので、撮影の技術をどうこうというよりは、モノの配置や見せ方を工夫するって感じです。


▲ 失敗例:室内の照明のせいで色合いが全然ダメ。なんならクロスの色も合っていない。神は細部に宿る。出来栄えがよくても少しのミスですべてが台無しに…肝に銘じよう。



たとえば、飲食店に行って提供された料理を撮影するにしても、その配置の仕方で見栄えが全然変わってくる。どうせ投稿するなら、撮影した料理がより美味しそうに見えるように、撮影前に、器の配置等を試行錯誤するようになりました。


前記の例は配置のみですが、自身が料理をするときは、使用するお皿や盛り付け方も考えるようになりました。これをきっかけに器やカトラリーに興味をもつようになり、それまで安価で購入していた我が家の食器たちは一掃されました笑


盛り付け方もそうです。料理関連を投稿している方々をみていると、よりよく見せる盛り付けの基本線は「上に」積むことと認識した私は、細かな食材を上に積むために必要な極細トングを購入し、自分なりにではありますが、より繊細に作業をするようになりました。


▲ 盛り付けは上に上にを意識。これだけで、無造作に平たく盛るより大抵はよく見える。



もっと言えば、料理に彩りを与えるために、ハーブや穂紫蘇等、魅せる食材も買うようになりました。これらって意外に高いんですよねー。本気で趣味に取り組むとお金がかかるとは言いますが、実感中の穂紫蘇買い男くん。


これが習慣化したのか、今では、スーパーでお刺身を買ってきたとしても、わざわざパックから出して、それらお刺身が映えるお皿に移し、少し重ねるなどして高さを出し、彩りを添える。そうして出来上がったものを撮影してから食べるようになったので、せっかくパックを買ってきたにもかかわらず、取り掛かってから食べるまでにけっこうな時間がかかるようになったのはご愛嬌…


▲ 穂紫蘇は高いのでオクラを縦半分に切って使うことを覚えた旧穂紫蘇くん。この時期の写真はオクラばっかり…笑



とまぁこんな感じで、私の生活習慣を一変させたインスタ投稿。


これまでの人生において気にすることがなかったことに興味をもち始め、少しとは言え教養も広がったので、やってよかったなというのが率直な感想です。むしろ、もっと早くやっていれば、もっと早くこれに気付いていたのかと後悔さえするほど…


そんなことを深掘りして考えてみると、「よりよく見せること」というのは、インスタみたいに形に残ることではなくても、無意識のうちにやっていたと思います。若い頃は、女の子にモテたい!という気持ちから、今よりファッションにも気を遣っていたし、学生生活においても、目立つようなことをしていた。何をするにしても、自身をよりよく見せることをやってきたように思えます。


営業である私に手に職はない。それは私に限らずですが、営業なんて世の中に五万といます。そのなかで選ばれる営業になるためには何が必要か。誠実であること、マメであること、気が利くこと、清潔感があること…こんなことは前段の前段でしかなく、一緒くたにされないためには抜きんでる何かが必要ではないか。それは、幅でも深さでもどちらでもいいとは思うんだけど、飽き性の私には、深さより幅=広さの方が性に合っている気がします。


いろんなことに目を向けて教養や知識、見識をを深めることが、人間力アップに繋がり、結果としてチョイスされる営業となるんだと思うと、もっと早くからインスタやってりゃよかったなーと思う根源。ま、でも今気付けただけでもよしとするか!笑


最新写真:ホタルイカの彩りサラダと命名しました。少しは成長したのかな。



とある方が「人生は壮大なヒマつぶし」と言っていましたが、どうせヒマをつぶすなら、楽しい方がいいですよね。次は何してヒマをつぶそうか。これを考えるだけでも、ヒマをつぶせてると思ってしまう私。何なら、連呼するあまり、ヒマつぶしが「ひつまぶし」に見えてしまい、お腹が空いてきた私…


冗談はさておき、インスタもやっていることだし、せっかくならこれに繋がる何かがいいよね。自作料理をよりよく見せるために、お花を知る(飾る)こともいいなとか、ラテアートもいいなーとか、パティシエ的なスイーツ作りとか、パンを焼くのもいいなーとか、いろんなことを考えていますが、これぞ!というものがあればぜひコメントください笑


という訳で、今日もヒマつぶし、頑張りましょうねー。

ではまた。



Commentaires


bottom of page